どのオリゴ糖がいい?

オリゴ糖は腸内の善玉菌のサポートをするという特徴があります。糖として吸収される比率が少ない場合があり、血糖値が上がる人や糖質制限を行っている人にも向いているモノと考えることが出来ます。更に、オリゴ糖にはいろいろな種類があるということも勉強をしてください。

難消化性オリゴ糖というものがあり、大腸で吸収され、糖質としては吸収されにくいのが特徴です。血糖値が上がりにくく、大腸で善玉菌のエサになる確率がより高いと言われています。フラクトオリゴ糖は虫歯になりにくい糖質と言われています。大腸内のビフィズス菌を増やすことができるので、このフラクトオリゴ糖は便秘改善の効果が期待できるとも言われています。

乳果オリゴ糖は、カルシウムの吸収率をアップさせ、ビタミンB群の生成にも関わっています。ガラクトオリゴ糖は、 別名ラクトスクロース、 腸内でビフィズス菌の増殖を促し、便秘と下痢に効果があります。ラフィノースは、 整腸作用・免疫力アップ・アレルギーに効果的です。

オリゴ糖のメリット

ビフィズス菌は、更に、 大腸ガン予防にも効果的と言われています。そして、海外ではネズミを使った実験によって、ビフィズス菌がうつ病に対しても効果的ということが分かっています。

いかがでしょうか。みなさんが想像している以上にオリゴ糖、ビフィズス菌の効果が大きいということが次第に分かってくるはずです。実際にはまだまだ大きな効果を期待することが出来、肥満にもオリゴ糖が効果を発揮してくれると言われていますし、オリゴ糖によって腸内環境が整うから、老廃物はきれいに体外へ排出することが出来、お肌にもいい効果を期待することが出来ます。更に血糖値上昇を抑制する効果も期待でき、 虫歯にも効果があると言われています。

虫歯というものは、虫歯菌というものがあり、それが糖分を分解するとき酸を発生させることから生じます。オリゴ糖を使用した場合には酸を含んでいないために、砂糖とは違い虫歯菌がほとんど反応しません。

ビフィズス菌の効果

オリゴ糖は胃や小腸の中では消化されにくい性質をもっており、大腸内のビフィズスを活性化させることが出来、腸内環境を改善することが出来ます。ビフィズスが活性化して、悪玉菌の多くは酸に弱いから、どんどん勢力が弱まってしまうことになります。だから、とても理想的な腸内環境を整えることが出来ます。私達が健康をしっかり考えるなら、ここまでのことを考える必要があるのではないでしょうか。

腸内のビフィズス菌が増え続けることで、乳酸や酢酸が多く産生されることになります。腸の中で、酸という存在の扱われ方はほとんど異物です。異物なので、腸の運動が活発化して、追い出そうとします。酸を薄めようという機能も、身体の中で働くことになり、腸の中に、水分が呼び込まれることになり、程良い便の固さとなり、便秘が解消されることになります。

更にアレルギー症状も緩和してくれる効果を期待することが出来ます。免疫システムの誤作動が原因によってアレルギーが起こっていると考えることが出来ます。この誤作動を正常化に戻してくれるものが、 ビフィズスだったり、乳酸菌だったりします。当サイトでは、オリゴ糖・ビフィズス菌が良いと言われる理由を紹介します。