どのオリゴ糖がいい?

オリゴ糖は腸内の善玉菌のサポートをするという特徴があります。糖として吸収される比率が少ない場合があり、血糖値が上がる人や糖質制限を行っている人にも向いているモノと考えることが出来ます。更に、オリゴ糖にはいろいろな種類があるということも勉強をしてください。

難消化性オリゴ糖というものがあり、大腸で吸収され、糖質としては吸収されにくいのが特徴です。血糖値が上がりにくく、大腸で善玉菌のエサになる確率がより高いと言われています。フラクトオリゴ糖は虫歯になりにくい糖質と言われています。大腸内のビフィズス菌を増やすことができるので、このフラクトオリゴ糖は便秘改善の効果が期待できるとも言われています。

乳果オリゴ糖は、カルシウムの吸収率をアップさせ、ビタミンB群の生成にも関わっています。ガラクトオリゴ糖は、 別名ラクトスクロース、 腸内でビフィズス菌の増殖を促し、便秘と下痢に効果があります。ラフィノースは、 整腸作用・免疫力アップ・アレルギーに効果的です。