ビフィズス菌の効果

オリゴ糖は胃や小腸の中では消化されにくい性質をもっており、大腸内のビフィズスを活性化させることが出来、腸内環境を改善することが出来ます。ビフィズスが活性化して、悪玉菌の多くは酸に弱いから、どんどん勢力が弱まってしまうことになります。だから、とても理想的な腸内環境を整えることが出来ます。私達が健康をしっかり考えるなら、ここまでのことを考える必要があるのではないでしょうか。

腸内のビフィズス菌が増え続けることで、乳酸や酢酸が多く産生されることになります。腸の中で、酸という存在の扱われ方はほとんど異物です。異物なので、腸の運動が活発化して、追い出そうとします。酸を薄めようという機能も、身体の中で働くことになり、腸の中に、水分が呼び込まれることになり、程良い便の固さとなり、便秘が解消されることになります。

更にアレルギー症状も緩和してくれる効果を期待することが出来ます。免疫システムの誤作動が原因によってアレルギーが起こっていると考えることが出来ます。この誤作動を正常化に戻してくれるものが、 ビフィズスだったり、乳酸菌だったりします。当サイトでは、オリゴ糖・ビフィズス菌が良いと言われる理由を紹介します。